友達から買った牛がA5

鳥取在住で、繁殖農家と削蹄(牛の爪切り)をやってる友人がいます。
アニメのぼのぼのに似ているので、わたしは彼のことを
ぼのぼのと呼んでいます。

彼は2012年6月8日に鳥取県中央家畜市場へ、父の血統が北平安で
体重290キロの子牛を上場しました。
彼は僕に、『買わんといてよ。』って言いましたが、義理で競り落としました(笑
彼が『買わんといてよ。』って言った理由は、お肉になった時に品物が良くなければ
僕に文句を言われるからでしょう。
確かに「ええのが出やんかったら返品ね!」とか言います。

どんな肉になるのか心配だったのでしょう、発育状況など気にしていました。

2013年12月19日、彼から買った牛をお肉にする日が来ました。
枝重429キロ。まずまずです。

それから三日後に胴切り(上半身と下半身を切り分ける)をしました。
これがロースの断面です。
f0290932_16154872.jpg


凄い!!
予想をはるかに上回る結果です!
すぐ彼に写メを送りました。

あらかじめ注文をいただいていたのでお肉を送りました。
届いたお肉を見て、家族みんなビックリしたそうです。


f0290932_1619205.jpg

これがすき焼き用にスライスしたロース。
色も霜降りも見事です。
[PR]

by mikumano-beef | 2014-01-07 16:32